smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
profile
recommend
ドアーズ シングルス・ボックス
ドアーズ シングルス・ボックス (JUGEMレビュー »)
ザ・ドアーズ
世界初CD化ミックス多数収録。特に「名もなき兵士」のシングルミックスは待ち望んだCD化。
recommend
The Doors (Mono Version)
The Doors (Mono Version) (JUGEMレビュー »)

これを聴いたらステレオミックスは聴けなくなる
recommend
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
モノ・ボックスは安心の国内盤で
recommend
Perception (W/Dvd) (Dlx)
Perception (W/Dvd) (Dlx) (JUGEMレビュー »)
Doors
変なリミックスを聴かずにオリジナルを聴け
recommend
40周年記念ボックス(SHM-CD)
40周年記念ボックス(SHM-CD) (JUGEMレビュー »)
ジャックス
冷静に考えれば『10代』でこの内容だ
recommend
Raw Power
Raw Power (JUGEMレビュー »)
Iggy & The Stooges
やはりオリジナルBowie Mixがしっくりくる
recommend
オウン・ラインズ
オウン・ラインズ (JUGEMレビュー »)
麻生レミ
日本で一番最初の女性ロックボーカリストの1stソロが再発
recommend
グレイトフルデッドのビジネスレッスン#
グレイトフルデッドのビジネスレッスン# (JUGEMレビュー »)
バリー・バーンズ
インターネットはヒッピーに通ず
アマゾンで検索
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ひさびさに更新はもう遅いよ、のドアーズニュース | main | 日本最初の女性ロックボーカリスト 麻生レミ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

アーサー・リーの訃報に寄せて

Forever Changes


Forever Changes


ついこの間のシド・バレットの訃報から程なくして、今度はアーサー・リーの訃報を聞くとは思わなかった。


 


「イギリスで受けたバンドやアルバムはマスターピース」とボクは勝手に考えている。


「ペットサウンズ」は発売当初、アメリカではキャピトルの陰謀でほとんど宣伝されずに終わったのだが、イギリスでは衝撃を持って受け入れられ、ビートルズの連中が「これはヤバイ」とあわてて「ペパー」を制作した。


ドアーズはデビューしてすでにアメリカでも十分なアイドルバンドになったが(モリソンが)、イギリスでも「ドアーズ・アー・オープン」というTVプログラムが組まれたくらいに人気が高かった。(まあ20世紀に一番ファンの活動がったのはドイツだったらしいが。勝手に「モリソン詩集」とかが売られていたし)


 


アーサー・リー率いる「ラヴ(LOVE)」の3作目「Forever Changes」もやはりイギリスで高い評価を受けた。そのため英国ツアーの話もあったらしいが、なんとラヴの連中は「ライヴ嫌い」だったらしく、その話はキャンセルされた。レッド・ツェッペリンのロバート・プラントは大のラブファンだったらしい。(ちなみに日本では、ゴールデン・カップスのルイズルイス加部氏がファンであることを当時公言している)


アーサー・リー氏は享年61歳。8月3日にメンフィスで死去。死因は白血病である。今年に入ってから病状は一進一退を繰り返していたそうだ。6月には支援コンサートが行われ、ロバート・プラントも出演した。


ロイターの記事


ボクは高校生の時に「Forever Changes」を聴いた。ストリングス・アレンジを施されながら、しっかりとサイケでありパンクでもある、そんなアルバムだ。一聴して忘れることの出来ない、そんなフレーズ、曲の詰まったアルバムでもある。


パンクの時代にヴェルヴェット・アンダーグラウンドは再評価されたが実は毎年コンスタントにアルバムは売れ続けていた。ラヴの「Forever Changes」も同様にカタログからなくなることはなかったようだし、CDの時代になって(それなりに)速攻でCD化された。


しかしアーサー・リー氏は例のごとくドラッグ中毒だったり、塀の中にいたりしていのだが、20世紀の後半ぐらいからだろうか、やっとライブ活動をはじめて、昨年はなんとDVDが発売されたりしていた。


シド・バレット氏にしてもアーサー・リー氏にしても、ほんの一瞬の輝きに自ら潰れていったのだと思う。あえて「栄光」とは呼びたくない。なぜなら輝くのは「才能」であって栄光とは違うモノだから。


ちなみにエレクトラレコードにドアーズを紹介したのは、このアーサー・リー氏だった、ということである。


芸術家は、これでいいのだと思う。

at 22:39, エルエルロック, 米国ロック

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 22:39, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ll69.jugem.jp/trackback/271