smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
sponsored links
profile
recommend
ドアーズ シングルス・ボックス
ドアーズ シングルス・ボックス (JUGEMレビュー »)
ザ・ドアーズ
世界初CD化ミックス多数収録。特に「名もなき兵士」のシングルミックスは待ち望んだCD化。
recommend
The Doors (Mono Version)
The Doors (Mono Version) (JUGEMレビュー »)

これを聴いたらステレオミックスは聴けなくなる
recommend
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
モノ・ボックスは安心の国内盤で
recommend
Perception (W/Dvd) (Dlx)
Perception (W/Dvd) (Dlx) (JUGEMレビュー »)
Doors
変なリミックスを聴かずにオリジナルを聴け
recommend
40周年記念ボックス(SHM-CD)
40周年記念ボックス(SHM-CD) (JUGEMレビュー »)
ジャックス
冷静に考えれば『10代』でこの内容だ
recommend
Raw Power
Raw Power (JUGEMレビュー »)
Iggy & The Stooges
やはりオリジナルBowie Mixがしっくりくる
recommend
オウン・ラインズ
オウン・ラインズ (JUGEMレビュー »)
麻生レミ
日本で一番最初の女性ロックボーカリストの1stソロが再発
recommend
グレイトフルデッドのビジネスレッスン#
グレイトフルデッドのビジネスレッスン# (JUGEMレビュー »)
バリー・バーンズ
インターネットはヒッピーに通ず
アマゾンで検索
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 新宿とのつきあい | main | 自由とは勝ち取るものである、は決して過去の言葉ではない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

JanisJoplin「PearlLegacyEdition」やっと発売

昨年からリリース予定のあったジャニス・ジョプリンの「PearlLegacyEdition」がやっと(輸入盤で)店頭に並ぶようになった。


目玉はやはり2枚目の「Canada Festival Express Tour」のライブになるのだろう。半分が未発表で、昨年公開されて7月下旬にDVDで発売される同ツアーの記録映画とあわせると、いい感じかもしれない。


「Summer Time」のFullTiltBoogieバージョンも初めてだ。個人的にはこれが一番聴きたかったのだが、面白いのは、最初のバージョンである「BigBrother」でギタリストのSamAndrewがアレンジしたと思われるリードギターのフレーズがここでも生かされている、という部分だ。まあ、ジャニスが「あのギターは外さないで」と言ったのかも知れないが。


1枚目のボーナストラックも「Move Over」のデモ・バージョンが興味深いが、FullTiltBoogieのジャニスへのトリビュートソング「Pearl」が日の目を見た。当然ボーカルは入っていないのだが、ミドルテンポでジャズ風アレンジのインストである。1聴すると、60年代風味があまり感じられない。


考えてみると、ジャニスが「60年代的=サイケデリック」だったのはBigBrotherの時代だけだったのではないか。「KozmicBlues」ではソウルに接近し、「Pearl」はとても洗練された、なんとなく70年代の感覚があると思えるようになってきた。

at 02:18, エルエルロック, 米国ロック

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 02:18, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。