smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
ドアーズ シングルス・ボックス
ドアーズ シングルス・ボックス (JUGEMレビュー »)
ザ・ドアーズ
世界初CD化ミックス多数収録。特に「名もなき兵士」のシングルミックスは待ち望んだCD化。
recommend
The Doors (Mono Version)
The Doors (Mono Version) (JUGEMレビュー »)

これを聴いたらステレオミックスは聴けなくなる
recommend
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
モノ・ボックスは安心の国内盤で
recommend
Perception (W/Dvd) (Dlx)
Perception (W/Dvd) (Dlx) (JUGEMレビュー »)
Doors
変なリミックスを聴かずにオリジナルを聴け
recommend
40周年記念ボックス(SHM-CD)
40周年記念ボックス(SHM-CD) (JUGEMレビュー »)
ジャックス
冷静に考えれば『10代』でこの内容だ
recommend
Raw Power
Raw Power (JUGEMレビュー »)
Iggy & The Stooges
やはりオリジナルBowie Mixがしっくりくる
recommend
オウン・ラインズ
オウン・ラインズ (JUGEMレビュー »)
麻生レミ
日本で一番最初の女性ロックボーカリストの1stソロが再発
recommend
グレイトフルデッドのビジネスレッスン#
グレイトフルデッドのビジネスレッスン# (JUGEMレビュー »)
バリー・バーンズ
インターネットはヒッピーに通ず
アマゾンで検索
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

[米国ロック :60's]Smiley Smile (mono & stereo)

ザ・ビーチ・ボーイズ
EMIミュージック・ジャパン
¥ 2,600
(2012-07-25)

ビーチ・ボーイズのアルバムは「トゥデイ」からしばらくの間、ブライアン・ウィルソンの聴覚障害もあり、ミックスダウンはモノラルで行われていた。

90年代に入り、技術的な進歩と市場の要求で、まずは「ペット・サウンズ」がステレオでミックスダウンし直され、結果グラミー賞を取ることになった。

その後も、コンピレーション・アルバムが発売されるたびに、ステレオミックスは小出しながら披露されてきた。

いつか、ブライアン・ウィルソンの才能が爆発していた60年代中期のアルバム全曲がステレオでミックスダウンし直されることを望んでいたファンは多かったことだろう。


昨年、あの「スマイル」がとうとう正規発売されたが、基本は「モノラル」。一部の曲はステレオミックスも披露されていたが、「グッド・バイブレーション」だけは、その願いはかなわなかった。


続きを読む >>

at 18:19, エルエルロック, 米国ロック:60's

comments(2), trackbacks(0)

[米国ロック : 60's]Janis Joplin : Pearl Sessions 蔵出音源の是非

昔はレコード、最近はCD、そして今は配信が主流となっているらしいが、「レコード」「CD」と「配信」は当然大きな隔たりがある。

「モノ」の概念がガラリと変わっているのだから、色々騒動が起こるのは当たり前だろうな。

ただ「売る側」からすれば、それは収益に直接響いてくるものだから、変化の狭間での状況は何かと興味深い。


売らなきゃならないけどコストはかけたくない。

マドンナの12枚組が安くて話題になったけど、もうあれは配信の価格と比べても安いからねぇ(笑)。それこそデータオンリーになれば、物流とか工場とかに多大な影響がでるわけで。

ただ日本盤の場合はまだその流れにはない。今でも精密なレプリカ(『紙ジャケ』ね)が(購買力ある)マニア層に向けて売られ、多分それなりの収益があるのだろう、途絶えることは今のところはない。

また、本国ではデジパックで売られているようなものでも、きちんとプラケースに入って従来通りの価格で発売されている。

ジャニス・ジョプリンの「パール・セッション」もその類だ。
続きを読む >>

at 18:32, エルエルロック, 米国ロック:60's

comments(0), trackbacks(0)

[米国ロック : 60's]ニック・グレイヴナイツ/マイ・レイバー

ニック・グレイヴナイツ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
¥ 1,628
(2008-12-24)

「ロック」と一言で言ってしまうけれど、実はオルタナティヴな印象の方が強い。
一方、アメリカの「ロック」とする場合、実際は「アメリカン・ミュージック」を指すことの方が多い気がする。

ニック・グレイヴナイツという人の事を考えた時には、その「アメリカン・ミュージック」をどうしても想起してしまう。

・・・と言うよりは、ギタリストのマイケル・ブルームフィールドの印象がより強いのだけれども。


"Electric Flag"での競演後、この「マイ・レイバー」とマイケル・ブルームフィールド名義の「永遠のフィルモアウェスト」での2人の競演が音源として残っている。

60年代終わりのサイケデリックの時代、しかも「フィルモアウェスト」というサイケの殿堂(実際は商業化された後だったが)での演奏だが(「マイ・レイバーでは後半部分」)、見事にサイケの雰囲気はない。

まあ確かに当時でも「ブルースロック」という呼称であったのだが。

続きを読む >>

at 13:50, エルエルロック, 米国ロック:60's

comments(0), trackbacks(0)

[米国ロック : 60's]The Byrds : The Complete Columbia Albums Collection

すでに発売されて久しいが、The Byrdsの"The Complete Columbia Albums Collection"について。

11セット(13枚組:2セットは2枚組のため)からなるThe Byrdsのアルバム「ほぼ」完全版。(1973年のリユニオン時のアルバムは、当然レーベルが違うため入っていない)

以前出回ったワーナー系(に限らないが)の3〜5枚組からなるPaper Sleeveのセットとは違い、一応体裁を整えた「紙ジャケ」である(またこちらも一応体裁を整えたブックレットも付属)。

※英米の「紙ジャケ」は、日本のそれとは違い、恐らくコストとスペースの削減と環境対策目的と思われる。「プラケース止めよう」的な感じなのだろうな。

内容は90年代のリミックス&リマスター音源をそのまま使用しているので、音質はバッチリ。ボーナストラックもそのままだ。



初期5枚の「モノ&ステレオ」バージョンが日本オンリーで再発される、というニュース(もう発売すみだけど)を聞いて、慌ててこのボックスを購入した。まあカタログは(当分)なくならないだろうけど、既発盤のボーナストラックが新装版では含まれていないことがあって、一応そろえないとという経緯ではある。


バーズ - Wikipedia

The Byrdsは、いわば「企画バンド」だったのではないか、と思っている。

60年代初期〜中期のビートルズに始まった"British Invasion"への米国対抗馬が、ビーチボーイズであり、ボブ・ディランだったのだが、ビートルズ(というかレノン氏)が「ヘルプ!」や「ラバーソウル」で「内省的」な歌詞の世界を披露し始めたために、その対抗馬として、「『ボブ・ディラン』+『エレキギター』=『フォーク・ロック』を世に送り出そう」という(当時の)コロンビアレーベルの戦略だった、と聞いたことがあるからだ。

なので、当時まだフォークグループだった連中(ロジャー・マッギン、デビッド・クロスビー、ジーン・クラーク)に声をかけ、エレクトリック化のためにベーシスト(クリス・ヒルマン)を紹介し、アイドル化を促進するために、「イケメン」マイケル・クラークをドラムにあてがえた(ドラマーが一番イケメンor変人という法則があるのだろうか)。

その甲斐があったのか、一応アイドル化は成功したらしい。しかし、5枚目の「名うてのバード兄弟」で分裂、その後はリーダーであるロジャー・マッギンのワンマンバンドとして、プログレッシブなカントリー(カントリーロック)へ方向性を変えていった。

続きを読む >>

at 00:14, エルエルロック, 米国ロック:60's

comments(0), trackbacks(0)