smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
sponsored links
profile
recommend
ドアーズ シングルス・ボックス
ドアーズ シングルス・ボックス (JUGEMレビュー »)
ザ・ドアーズ
世界初CD化ミックス多数収録。特に「名もなき兵士」のシングルミックスは待ち望んだCD化。
recommend
The Doors (Mono Version)
The Doors (Mono Version) (JUGEMレビュー »)

これを聴いたらステレオミックスは聴けなくなる
recommend
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
モノ・ボックスは安心の国内盤で
recommend
Perception (W/Dvd) (Dlx)
Perception (W/Dvd) (Dlx) (JUGEMレビュー »)
Doors
変なリミックスを聴かずにオリジナルを聴け
recommend
40周年記念ボックス(SHM-CD)
40周年記念ボックス(SHM-CD) (JUGEMレビュー »)
ジャックス
冷静に考えれば『10代』でこの内容だ
recommend
Raw Power
Raw Power (JUGEMレビュー »)
Iggy & The Stooges
やはりオリジナルBowie Mixがしっくりくる
recommend
オウン・ラインズ
オウン・ラインズ (JUGEMレビュー »)
麻生レミ
日本で一番最初の女性ロックボーカリストの1stソロが再発
recommend
グレイトフルデッドのビジネスレッスン#
グレイトフルデッドのビジネスレッスン# (JUGEMレビュー »)
バリー・バーンズ
インターネットはヒッピーに通ず
アマゾンで検索
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

1968年の日本のロックバンド モップス サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン

「ブラインド・バード」がなぜか発売不能で、今まで不完全版で売られ続けてきた、モップスの1stアルバム。

旧東芝のカタログ全部とこのビクターからのアルバム同時発売を持って、恐らく完全なカタログがようやく日の目を見た。

と言っても、某CD量販店では旧東芝のカタログは売り切れ。予想とは裏腹にこの1stが結構大量に棚にディスプレイされていた。

今まで、本当に信じられないのだが、モップスのカタログが完全に開放されたことはなかった。全8タイトル、ボーナストラックでシングル曲もつき、まあとりあえず一安心。

しかし「売り切れ」とは、どれだけ求められていたのか、ということを如実にわからせてくれるよなぁ。


趣味嗜好まで口出すことはしない。ましてや音楽なんて趣味の極地、強要するものではない。


半開きのワウペダル。フィードバック。豪放ファズ。


本物は残すべきだよ。評価されるべきものを評価するべきなんだよ。



JUGEMテーマ:音楽


at 23:06, エルエルロック, 日本ロック

comments(0), trackbacks(0)

[英国ロック:60's]英国アイドルフォークの白眉 マリアンヌ・フェイスフル

マリアンヌ・フェイスフルと言えば、かつてローリング・ストーンズの慰・・・、いや、ミック・ジャガーの内妻で有名だが、元々は、60年代に英国フォークでデビューした芸能人である。

とは言え、フォーク歌手だったのではなく、今の日本の売り方と同じ「アイドル」であり、しかも「処女性」を前面に押し出したアピールだった。

ところがどっこい、実はデビュー時すでに離婚経験ありというオチがつく。まあ貴族の末裔なことは真実のようだが。

なので、映画「あの胸にもう一度」ではヌードになっているし、じゃあ処女性とはなんだったのか、というわけである。ボクは気にしないけど(笑)。

78年のブロークン・イングリッシュが作品としては有名で、当時はその「嗄れ声」がかつての声と比較してあまりの変化に驚かれたらしいが、60年代のアルバムを聴いても、元々声は低いし、やっぱりしゃがれてるし、それはそれで。


日本の紙ジャケ再発がなんだか突っ走っている感があるが、マリアンヌ・フェイスフルのアルバム5枚が「世界初モノラルミックスCD化」とともに紙ジャケ化される。

アイドル路線のフェイクなフォークソングでも、実は十分に聴かせる5枚である。かつてのCD化で全部持っているのだから、それは間違いない。

それは、彼女の才能というよりは、楽曲提供者やプロデュースの良さなのだろうけど、それが彼女の野太い声で歌われて、楽曲にしても、処女性とは裏腹の英国伝統フォーク(娼婦の歌とかね)の連続なものだから、そういう意味では英国や欧州は文化が深いなぁ、と感じるところではある。


個人的には、今回の発売には含まれないが、BBCライブでの「イエスタディ」がとても素晴らしい。「イエスタディって実はとても英国的でいい曲なんだね」と思ってしまう録音である。


JUGEMテーマ:音楽


at 09:19, エルエルロック, 英国ロック

comments(0), trackbacks(0)

[米国ロック:60’s]The Doors;ドアーズ シングルス・ボックス

ザ・ドアーズ
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 10,000
(2013-06-26)

(あくまでも)噂によれば、ドアーズ紙ジャケ化の時も、本国の許諾関連が厳しかったらしく、今回の「ドアーズ シングルス・ボックス」は、その意味ではよく発売できたものだと思う。

関係各位のご尽力、頭が下がります。

※この勢いで、1stから3rdまでのモノラルミックスもぜひ紙ジャケで日本先行再発売を、とか、オリジナルミックスでビクター時代のフォーマットでの復刻、とか色々妄想は膨らむ。(フー並みに、曲順差替えの1st日本初発売フォーマットでの再発も)

「シングルミックス」という別ミックスが多数収録予定なのだが、よくあるパターンは「短縮バージョン」。(恐らく)オリジナルミックスを途中を適宜端折って、若干短くした上で、当時のラジオでオンエアしやすく加工した形。

あとは真面目に、改めてミックスをし直すパターン。

ドアーズの場合、有名なのは「名もなき兵士」。終盤の「鐘の音」がミックスされておらず、途中の「銃砲の音」も違っている。(見かけないので、入手するのに結構探して、結局オークションで入手したっけ)B面の「君のそばにいたい」もベースギターが差し替えになっている。

「タッチ・ミー」は別ミックス。単に音像違いだが。

「ハートに火をつけて」は、有名な短縮バージョン。ただし、今回はモノラルミックス。(ステレオバージョンでの短縮バージョンもある)この曲は初CD化ではない(持ってるし)。リリースノートでは初CD化なのだが。もしかしたら、それらとはまた別のミックスなのだろうか。

また「ユー・メイク・ミー・リアル」はカウント入りバージョンなのだろうか、不明だ。


とにかくこれはとてもうれしいニュースだ。




JUGEMテーマ:音楽


at 11:39, エルエルロック, 特定のテーマ : ドアーズ

comments(0), trackbacks(0)